エアコンに頼りすぎない生活。使って実感コスパ良し!夏を快適にする天然素材たち




夏本番、暑いですね!

上の写真は、ゆゆ子の家のリビングの一部。暑さを和らげるための対策として、10年以上前から竹製のラグを愛用しています。

 

↓↓そして、屋外についてはヨシズを使っています。↓↓

f:id:yuyukoo:20170722120338j:plain

ヨシズと竹製ラグのダブル使いで、エアコンの設定温度27℃でも快適に過ごすことができています。

10年以上愛用し続けているは、もちろんメリットがたくさんあるから。ゆゆ子が病みつきになるほど愛している理由をまとめてみました。

よしずのメリット

天然素材の日よけグッツには、「すだれ」と「よしず」がありますが、断然「よしず」の方が涼しいです。

屋外に「日陰を作る」ということが大きなポイントなのです。

ゆゆ子の住まいはマンションです。午後になると西日が差して、ベランダのコンクリートがものすごい勢いで温められていきます。その照り返しの熱の影響が半端じゃありません。

ベランダに日陰を作っておくことで、気温が30℃くらい迄だったら窓を開けているだけで快適に過ごすことができます。よしずは風通しも良いです。

よしずのデメリット

メリットがある一方でデメリットもあります。

・いちいち広げたり畳んだりするのが面倒。

・ハチが巣づくりにやってくる。

・よしずのカスでベランダが汚れる

 

5年ほど経過したよしずに、ハチがやってくるようになりました。よしずの構造と朽ち具合が、どうやら巣作りの環境に適しているようなのです。

そのため午後ヨシズを広げるためには、ハチ駆除のスプレーが必須。刺されるのが怖くてドキドキしたこともありました。

早朝のうちなら蜂はいなかったので、予め駆除スプレーをヨシズにたっぷりかけておくことで、ハチが来なくなり、刺される恐怖から解放されました。

竹製ラグのメリット

竹製ラグは夏を快適にするアイテムとして、我が家にはなくてはならない必需品です。

他の天然素材のラグには、い草で出来たものもありますが、竹製のものの方が涼しいです。

竹製ラグのメリットをまとめてみました!

 

・熱がこもりにくく、場所を移動するごとに冷んやり感が味わえる。

・洗濯不要。拭き掃除でキレイになる。

・クイックルワイパーで掃除が終わる。

・早朝でも深夜でも好きな時に掃除ができる。

・コスパが良い。

 

竹製のラグは布製のものに比べると、お値段がちょっと高めですが、10年以上経ってもボロくならないし、洗濯不要のため洗剤代もかからないし、長い目で見ると安い買い物だったと振り返ってます。

ボロくならないと言っても、それは竹部分で、周りの布の部分は5年以上経つとさすがにボロボロになります。

↓布の部分だけ外して、バイヤステープを自分でつけてリメイクしました。↓

f:id:yuyukoo:20170722115825j:plain

(強粘着の両面テープを使うと簡単にリメイクすることができます)

 

娘たちが小さかった頃は、食事中ボロボロこぼすため、サッと拭くだけで済むのはラクでした。竹製ラグのおかけでこの時期は、私のイライラも最小限で済みました。 

我が家で使っているタイプの竹ラグ⇒竹ラグカーペット約176×261cm(江戸間3畳)

竹シーツも愛用

夜は、ソファーの座面に敷いてあるものと同じタイプの竹シーツを使っています。

f:id:yuyukoo:20170722115400j:plain

窓を開けて扇風機をかけているだけでエアコンをつけなくても、快適に眠ることができます。

暑がりの夫も、竹特有の冷んやり感のおかげでエアコンなしでも満足してます。

我が家が窓を開け放しておけるのは、マンションで上方の階に住んでいるからです。

一軒家だと防犯上窓を開けて寝るのは危ないかもしれませんが、エアコンの設定温度を1℃程上げることには貢献してくれるかもしれません。

お気に入りの竹シーツですが、デメリットもあります。

眠る体制によっては、ブロック型の跡が皮膚に残ります。ゆゆ子は5時起床と早起きなので、出勤する頃までには跡が消えているので大丈夫です。

我が家で使っているタイプの竹シーツ⇒竹シーツ シングル:約90×180cm

エアコンに頼りたくない理由 

エアコンに頼りたくない理由は電気代を節約したいというのもありますが、それよりも体調面でのデメリットが大きいからです。

外と室内の気温の温度差があればあるほど、体に大きな負担がかかり、自律神経が乱れる原因になります。自律神経が乱れると疲れやすくなったり、夜眠れなくなったり、日中は集中できなくなったりします

40代に入ってからは体が変化についていけないためか、余計にダルさが抜けなくなくなっているのを実感しています。

また、冷房が強いと下半身が冷えてしまい、無防備でいると冷えて痛くなってくるほどです。暑さを感じている一方で体の冷えも感じているという、妙な状態に陥ります。

このように体に負担がかかってしまうので、冷房は最小限に抑えたいのです。

まとめ

ヨシズと竹ラグ。両者のメリットとデメリットをお届けしました。

目先の節約に目がいってしまうと、竹ラグもヨシズもちょっと高い買い物かもしれません。

ですが、長い目で見るとコスパは良いし、体に負担がかからない分病気になりにくいといったことから、余計な出費をしなくて済むので、結果的には節約になっています。

 

竹ラグカーペット「 ローマ 」約176×261cm(江戸間3畳)ライトブラウン(#5302030)竹 ラグ カーペット バンブーラグ アジアン 約3畳 ひんやり 冷感 オールシーズン 敷物 和風 和室 洋室 無地

価格:10,980円
(2017/7/23 11:16時点)
感想(1件)

【送料無料】よしず 日よけ 高級ゴールドよしず 6尺×6尺 (高さ約180cm×巾約180cm)たてず、たてすだれ サンシェード 遮光 インテリア 目隠 冷房効率 省エネスクリーン 天然素材 日よけ対策 日除け【RCP】

価格:3,620円
(2017/7/23 11:23時点)
感想(16件)

★ SALE中 ★竹シーツ シングル 冷感 敷きパッド 送料無料「冷竹 竹駒シーツ」【GL】 シングル:約90×180cm(#9810681)冷感シーツ ひんやり 接触冷感 冷たい 布団シーツ 天然素材 快適 涼しい 涼感 竹駒 寝具 孟宗竹 ひんやりマット

価格:2,680円
(2017/7/23 11:25時点)
感想(383件)