歯周病で歯を失ってわかったダメな歯医者の特徴とは




歯周病の進行を食い止めようと、今年の夏からウォータピックで口の中の洗浄に取り組んでいました。

その時の記事はこちら⇨歯周病で歯を失いたくない!ジェットウォッシャー ドルツを使ってみた【口コミ】

でも残念ながら、10mmもの深いポケットの歯周病の進行は、食い止めることができませんでした。

そしてついに先日、歯の痛みとグラつきのため、抜歯をするハメになってしまいました(涙)。

定期的にメンテナンス行っているから大丈夫なんて、安心してちゃダメなんですよ。

ゆゆ子の場合、転院したからこそ、進行した虫歯を治療することができましたしね。

今回は歯周病で歯を失いたくないと思っている人のために、私の体験に基づいて良い歯医者、悪い歯医者の特徴をお伝えしたいと思います。

転院して抜歯するまでの経緯

これまでかかりつけだった歯医者には、クリーニングには半年に1回ペースで通っていました。歯周ポケットが深くなりだしてからは、3ヶ月に1回のペースに頻度を上げて通うようになっていました。

歯周病に対しての手立ては、クリーニングしかないという説明だったからです。

歯周病をどうにかして進行させたくなくて、クリーニングの回数を増やせないか相談しても、保険診療では3ヶ月に1回しかできないと一点張りでした。

クリーニングは歯周病の治療にならないの?そう疑問に思っていたゆゆ子。

歯周病に対しては、歯磨き指導があるだけ。痛みがあることを訴えても、ちょこっと消毒して歯周病だから仕方ないと言うだけで、後日に消毒に来るように指示もありません。詳しい説明もありませんでした。

症状を訴えても放置に近い扱いに、その歯医者に対して、だんだんと不信感でいっぱいになっていきました。

そんな中、歯茎が腫れて痛みが我慢の限界に。かかりつけの歯科は夕方には閉まってしまうため都合がつかず、ネットで調べて夜の時間帯もやっている他院を受診することにしました。

初めてだったけれどその歯医者さんは、説明がわかりやすくて安心感がありました。

そしてゆゆ子が思っていた以上に、事態が深刻だったこともわかりました。

仕事帰りでも寄れる時間帯に診療していることもあって、そのままこの新しい歯医者さんにお世話になることにしたのです。

歯周病の治療は歯科によって全く違う

転院先の歯科では、これまでかかっていた歯科とは、全く対応が違っていました。

歯茎が腫れて痛みがある間は、3日〜1週間に1度のペースで洗浄と消毒。痛みが落ち着いた後は、月1ペースでクリーニングをしてもらうことができました。もちろん保険診療で。

歯石の取り方もとても丁寧でした。前の歯科では超音波だけの洗浄でしたが、転院先の歯科では手で専用の器具を使ってガリガリこそげ落としてくれる徹底ぶり。

歯周ポケットになっている部分の歯石は酷くて、黒く変色した歯石がたくさんついていたのです。こればっかりは自分では見えません。

ずっと放置しておいたわけではなかったので、これにはかなりのショックでしたね。

「いったい何をやっていたんだ!いい加減なクリーニングしかしてないなんて!」前かかっていた歯科に怒りすら込み上げました。

さらには、詰め物のところがまた虫歯になっていて、それもかなり進行している状態になっているのが見つかりました。そこも合わせて治療してもらいました。

こうしてマメに歯医者に通っていましたが、疲れると歯茎が腫れるということを繰り返すようになりました。

歯周病の治療法があることにはあるそうなのですが、ゆゆ子の場合進行し過ぎて、治療の効果があがる可能性はかなり低いという診断でした。

効果な治療ですし、これから娘たちの学費がかかるし、ダメ元で治療することは経済的へのダメージは計り知れません

歯がぐらつき始めて噛むこともほとんどできなくなっていたため、温存治療は諦めて抜歯を選択することになりました。

歯周病の原因は噛み合わせも関係してるらしい

歯周病っていうと、クリーニングをしていなくて口の中の環境が悪いことが原因と思いがちです。でも原因は、それだけではないのだそうです。噛み合わせも影響しているんだとか。

ゆゆ子は子供の頃、歯科矯正を受けています。

それが原因かどうかはよくわかりませんが、噛み合わせが合っていないのだそうです。

噛み合わせが合っていないと、一部の歯に大きな力が加わり過ぎてしまい、それが影響して歯周病になっていくケースがあるそうなのです。

ゆゆ子の歯周病は下の両奥歯だけで、他の部分はいたって健康です。

なので、どんな歯医者さんのクリーニングを受けていても、歯周病になりやすい歯だったのかもしれません。でも、進行を遅らせることは可能なわけで・・・。

こんな歯医者にかかってちゃダメ

ゆゆ子の体験から、ダメな歯医者の特徴を上げてみたいと思います。

詳しい説明がない

歯医者さんも一応国家資格を持ったプロなので、いろんな考えがあっての治療方針だと思います。

いろんな治療法がある中で「なぜこの治療法を選択しているのか?」その考えの部分を、ちゃんと話してくれるかどうか、なんです。

一般的に有効だと思われる方法も、患者側の全体的な状態によってはベストではない場合もあります。

そういった詳しい部分を省いて、ただ結論だけしか話してくれないと、納得ができないし安心して任せられません。

あとは、今後どういう経過をたどっていくのか?その進行を遅らせるためには、どういう手立てがあるのか?そういう部分も話してくれるかどうか。

ネガティブで脅しのような話でもありますが、患者側に危機感を持たせてくれる医者は良い歯医者です。

危機感がなさすぎて、ゆゆ子は手遅れになりましたから。危機感がないと、治療をサボることにもなりますしね。

症状があるのに3ヶ月に1回しかクリーニングしてくれない

ゆゆ子は看護師ですが保険診療の制度については詳しくないので、「保険診療内ではクリーニングは3ヶ月に1回です」と言われたら、そうなのかぁ。。。あとは自腹かぁ。。。と受け入れるしかありませんでした。

でも、転院先ではそんなの関係なく、必要な分だけクリーニングしてくれました。保険診療内で。

これ、なんなんでしょうね?

今かかっている歯科は、歯周病に力を入れている歯科医院です。

前にかかっていた歯科は、ホームページを見てみたら虫歯の治療に自信があるとありました。家から近いという理由でかかっていて、今回初めてホームページを見て知った次第。

なので、歯周病治療に関する諸々の知識が疎かったのでしょうね。

信用できる歯医者とは

隅々までちゃんと調べてくれる

今担当してくれている歯科衛生士さんは、20代くらいの若い人です。前のところは、40代中頃の人でした。

虫歯を発見してくれなかったのは、もしや老眼のせい?

一概に年齢のせいだけではないと思いますが、検診でしっかり悪いところを見つけれくれなきゃ、検診の意味ないです。

詳しく説明してくれる

ダメな医者の逆バージョンになりますが、ネガティブな話もしっかりしてくれる医者は、いい医者です。

噛み合わせのこととか、努力ではどうしようもできないことを知ることは、悲しいことではありますが、原因がわかっているのと分かっていないのとでは雲泥の差があります。

無知ほど怖いことはありません。

ネットにはいろんな治療の情報が溢れていますが、それが自分にとってベストとは限りません。

ゆゆ子も抜歯するにあたって、ネットに転がっている情報について医者に聞いてみました。

抜歯後はそのまま何もしないことになったのですが、それはゆゆ子の全体の状態を見て、それがベストだという判断でした。

どんな質問もちゃんと答えてくるれる歯医者さんなので、安心してお任せできています。

 

抜歯にならないために自分でできる対策とは

まずね、任せっきりの受け身は良くないです。

今は、ネットにいろんな情報が溢れているので、調べようと思えば簡単に情報が手に入るわけです。

今の歯周ポケットの大きさが、どの程度の進行具合なのか?

ゆゆ子はこんなことすら分かっていませんでした。医者が何も言わないなら、大したことはないのかなぁ〜なんてのんきに構えてたんですよね。

また歯科といっても、虫歯、歯周病、入れ歯、矯正、得意分野は様々です。

今、自分にとって必要な治療に力を入れている歯科医院を選びましょう。

ゆゆ子の失敗談が、お役に立てれば幸いです。

今後は、今ある歯を温存すべく、努力していきたいと思います。






 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。