40代貯蓄250万から家計を改善する




この10年間、細々と個人事業を営んでいました。

そのために自己投資と称して使ったお金はおよそ300万円。

後で元を取ればいいや!って、躊躇なく使ってました。

ですが、娘たちが中1高1になって、いよいよ本格的に教育費が本格的に必要になってきました。

あと2年半後には2人とも受験です。

ところで今、うちの貯蓄って総額いくらなんだろう?と思って合算してみたら・・・

たったの250万円でした。(汗)

40代で貯蓄250万円って、、、、どうやら世間的には、少なすぎるみたいで、正直焦ってます。

マンションのローンを完済できたからと、気が緩んでました。

だけど、さすがに今のままじゃマズイだろ!って気づいたのは先月のこと。

この1ヶ月、マジで悩んだ。

我が家には中1、高1の娘がいますから、あと2年半後には2人とも受験。教育費のピークを迎えます。高1娘が県立に行ってくれているので、今はなんとかなっている状況です。

気づい時点で巻き返すしかない!

これまで、 児童手当すらも家計の一部に入れて使っていました。

計画性のある人は、これをちゃんと教育資金として貯めているんですよねぇ。ほんと偉いわ。というか親として当然か。

ダブル受験になることは、下の子が生まれた時点で確定していました。

もっと前から少額でもいいから、コツコツ貯めていればよかった・・そんな後悔もありますが、過ぎ去った時間を思い悩んでも何の解決にもなりません。

今できることから、取り組んでいく以外に道はありません。

最低限の目標貯蓄額は、2人分の大学の初年度の支払い分300万円(文系)。その他、車の買い替え費用、冷蔵庫など大型家電の買い替え費用として別途200万円。合計500万円を2年半で貯めると決めました。

家計を改善するために取り組むべきこと

家計を改善するためにはどうしたらいいんだろう?

日々の買い物の10円50円を切り詰めても、追いつく額じゃありません。

調べてみたところ、固定費の削減が一番効果があるということがわかりました。

我が家の場合、家や車のローンはなく、生命保険は県民共済のみなので、これ以上安くしようがありません。

固定費の削減

固定費で唯一削れるのは、スマホ代1万円でした。

ドコモから格安SIMに切り替えることにしました。

2年縛りを無視して違約金を払っても損にならないことが分かったので、さっさと乗り換えました。これで月々4000円を節約できます。

 これからのブログの方向性

この1ヶ月間、お金のことばかり考えていました。

そしてこれからも2人の教育費が必要なうちは、お金が一番の関心ごとになってくるでしょう。

お金の不安を解消して、家族仲良く愛情豊かに暮らしていきたいです。

「愛があればお金なんていらない」なんてキレイ事。

お金で解決できることはいっぱいある。

お金があったほうが、選択肢が自由になる。

愛はお金では買えないけれど、お金で愛が壊れることはあると思う。

そんなわけで、今後のブログはお金の不安を解消するために取り組んでいることを中心に、綴っていきたいと思います。