3ヶ月で250万→320万円の貯蓄に増やすためにやったこと。




マジで貯金しないとマズイ!!とお尻に火がついたのが昨年10月。

いろいろ取り組んで約3ヶ月が経ちました。

情報収集しながら、また、家計の仕組みを改善して、3ヶ月で貯金を70万円増やすことができました。

家計簿をつける

家計簿をつける。

なるべく予算内で生活する。

これは、節約、貯蓄体質になるための王道中の王道ですね。

正直めんどう臭かったけれど、何にどれくらいお金を使っているのか?現実を知るためには、やっぱりこれしかありません。

ただ、問題なのは家計簿は何回も挫折してきたということ。

でも、今回はマジなので気持ちを新たに。

続けられるように工夫しました。

とにかくズボラな性格なので、面倒なことは続かないことは十分わかってます。

とにかく続けることを目標に、ハードルが高くならないようにしました。

面倒くさくならないためにはどうしたらいいか?

それは簡単にすること。

レシートの合計金額だけ、振り分け項目4つだけ、というシンプルな記帳スタイルにしました。

格安スマホにする

ドコモ→楽天スマホに乗り換えました。

ドコモの携帯代が約7000円。楽天スマホは通話代込みで1800円以内に収まっています。

その差額は月5200円。

年間62400円の節約できることになります。

これは大きいです。

クレジットカードの見直し

ポイントで効率よく節約するために、新たに2つクレジットカードを作りました。

楽天カード

なんと!

ポイントで楽天スマホ代を支払えるのです。

しかも、楽天カードでスマホ代決済にすると、楽天でのお買い物は常に5倍のポイントになります。

お歳暮時期で多めに利用したので、ポイントがハイペースでたまりました。

おかげで今のところ、携帯代が実質タダとなっています。

セブンカード

税金の支払に使用します。

ポイントを使って税金を節約する作戦。

クレジットでnanacoチャージをしておいて、コンビニの店頭で支払います。

注意したことは、現金でnanacoチャージしてもポイントがつきません。

クレジットでチャージすることで、nanacoポイントをもらうことができるのです。

銀行の見直し

ネットバンクで開設して、大手銀行2口座解約しました。

大手銀行と比べてネットバンクだと、金利がほんのちょっといいので、お金を増やすために開設することにしました。

楽天銀行

楽天カードの引き落とし先に設定すると、それだけで大手銀行の40倍の金利になります。

大手銀行の普通口座の金利が0.001%に対して、楽天銀行の普通口座の金利は0.04%。

この0.04パーセントの金利って、大手銀行の定期の金利よりも利率がいいのです。

大手銀行の定期の金利は、0.01%。

普通口座でいつでも出し入れ自由で、大手銀行定期の4倍の金利がつくのは大きなメリットです。

取り組んでみての感想

とにかく面倒くさかった!

この一言に尽きます。(笑)

一気にいろいろ変えたので、手続きが半端なく面倒でした。

格安スマホに変える手続き、新しいカードを作る手続き、カードの引き落とし先の変更手続き、請求先の変更手続き、銀行開設手続き、銀行解約手続き。

初期設定は大変でしたが、お金をできるだけ使わなくて済む仕組みを作ることができました。

我が家の冬のボーナスは1ヶ月分にも満たない額でしたので、ボーナスで大幅に貯められたというわけではないです。

複雑だったものを、シンプルにする。

お金の動きを分かりやすくする。

何にどれくらい必要なのか明確にする。

どこにどう振り分ければいいのか分かりやすくする。

こうした取り組みが、ストレスを最小限にして節約疲れなく、やりくりできるポイントなのだな、と思います。