どうしても海水浴でコンタクトをしたい時の対処法




日常的にコンタクトレンズをしていると、海水浴の時だってコンタクトをしていたいですよね。

そのお気持ち、よぉ〜く分かります。ゆゆ子も長年、コンタクトをしていましたのでね。

基本的には、海水浴の時はコンタクトをするのはダメなのですが、どうしても付けたい!という時の対処法を、元眼科ナースのゆゆ子がお伝えしたいと思います。

どうして海水浴の時、コンタクトはダメなの?

そもそも、どうして海水浴の時にコンタクトをしてはいけないのでしょうか?

ハードレンズ、ソフトレンズに分けて簡単に解説します。

ハードレンズ

ハードレンズは黒目よりも小さいため、外れやすいという性質があります。

海水の中で目を開けていたら、一発で外れてしまいます。

また、大きな波を頭からかぶってしまった時も、コンタクトが外れるリスクが高くなります。

海水浴中にハードレンズをしていて、目のトラブルが起きるリスクはかなり低いのですが、1枚1万円以上もするレンズを紛失してしまうというのは痛手。

そういった理由から、装用はオススメしないとされています。

ソフトレンズ

ソフトレンズもハードレンズと同様に、顔を水の中につけていると外れやすくなります。

そして、ソフトレンズは、レンズ自体が水分を含んでいます。

顔を海水につけていて、幸いレンズが外れなかったとしても、コンタクトが変形してしまって、黒目を傷つけてしまう原因になります。

もっと重大なのは、感染症のリスクが高くなるということ。

海水が目に入ると、ソフトレンズが海水を吸収します。

海水には数多くの雑菌が含まれていて、その雑菌も海水と一緒にコンタクトレンズに吸収されてしまうのです。

黒目に傷がある場合は、その傷口からバイ菌が入って、重症な感染症を起こすリスクがあるのです。

そのため、コンタクトは基本的にしてはいけないと言われています。

どうしてもコンタクトを付けたい時の対処法

そうは言っても、海水浴だからこそ、よく見える状態にしたいというもの。

コンタクトなしの視力が0.1以下の人は特に、そうですよね。

ここから先のお話は、波が穏やかな海で、浮き輪で浮かんでいる程度の海の入り方のケースを想定したものです。

サーフィン、ボディーボードについては、コンタクトは外れやすいので、お勧めしません。

ハードレンズの場合

海に潜るようなことはせず、顔は海水につけないようにします。波を被りそうになったら、ギュッと目を閉じて水が目に入らないように気をつけてください。

目に水がたくさん入ってしまうと、コンタクトが流れ出てしまうのを防ぐためです。

ゆゆ子は、この方法で海に入っていました。

海水浴が終わったら、念のため、コンタクトレンズを洗って、人工涙液の目薬(涙と同じ成分の防腐剤の入っていない目薬)をしてから、レンズを装用しましょう。

目薬をする理由は、目の中を洗うためです。

ソフトレンズの場合

必ず使い捨てタイプの1dayを使ってください。

必ず!!です

コンタクトが海水と一緒に雑菌も吸収してしまうので、海には潜らないようにします。

海水浴が終わったら、すぐにコンタクトを外してください。

そして、防腐剤が入っていない人工涙液の目薬を多めに目にさして、目を洗いましょう。

なお、目の洗い方については、アイボンはお勧めしません。目の周りの雑菌を目の中に入れてしまうからです。

実際に、アイボンを使って症状が悪化した患者さんを、何人も見てきたのでね。

目薬で目を洗い終わったら、新しいコンタクトをつけるようにしてください。

コストがかかってしまいますが、目の健康のためには、守って欲しいです。

割と重症な角膜の傷や、まぶたの裏のアレルギー症状が出ているケースを見てきたので、そこのところはケチらないで欲しいなと思います。

おわりに

どうしても海水浴でコンタクトをしたい時の対処法について、お伝えしました。

海水浴後は紫外線で目が疲れているので、通常よりも早めに外して目を休ませてあげてくださいね。